卵の新隠し味はシード?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


ベランダ菜園 ブログランキングへ

先日鳥のブリーダーさんと話す機会がありました♪

さすがブリーダー!!多方面からの思考があり話が面白い〜(*≧艸≦)

特に面白かったのが鶏達に与える飼料の話!

 

卵の事を調べると、鶏が食べた飼料によってダイレクトに卵の味が変わる!と書いている記事が多い。

値段よりも味を拘っている所は独自の配合飼料や発酵飼料を与えている。

もちろん鶏の品種によっても味は変わるんだけど、食べている飼料で卵の味が違うのは私もわかる!!

色んな卵を食べ比べるとちゃんと味が違うから本当にびっくり(*≧艸≦)

 

 

私の場合、美味しい卵と良質は畑の肥やしを得るために自家製発酵飼料を与えているんだけど、それが本当に栄養的に良いのか!?

米ぬか20%・雑穀50%・おから10%・大豆10%・たんぱく質10%の配合+野菜やハーブを混ぜている。

今の所良いと感じている観察項目としては

*飼料の食いつきが良い

*順調に成長している

*糞に悪臭がなく異常がない

そしてこれが一番の判断点として考えられるのが、

*卵をいつから産み始めたか?

*産む頻度は?

*味は?

が重要になってくるはず!

 

 

栄養が足りてなければ産み始めるのも遅く、産む間隔も空くという。

栄養満点の配合飼料を与えると生後6ヶ月前後で産み始め、2日に1個の頻度で卵を産むらしい。

 

さてさて我が家の鶏ちゃんたちは現在3ヶ月と2週間♪

どうなるか楽しみ〜(*≧艸≦)

 

で!本段に入るんだけど(笑

ブリーダーさんが美味しかったと感じた卵は平飼いの烏骨鶏の卵なんだって!

烏骨鶏という品種は置いといて、広場で過ごしている鶏の卵と畑で放牧している鶏の卵を食べ比べると、断然に畑飼いの卵が美味しいんだって!

観察をしていると常に足で土を引っ掻いては何かを食べているらしい。

この行動は庭の鶏も畑の鶏もするんだけど、何が一体違うのか。。。

ブリーダーさんが行き着いた答えが、「微生物と菌が豊富な腐葉土と植物の種」の摂取量が断然に畑の方が多いのでは?と思ったんだって!

 

何?何?何?シード?!

確かに畑には腐葉土と雑草や野花の種が圧倒的に多い気がする(*≧艸≦)

タンパク源として微生物や菌が豊富な腐葉土を飼料に混ぜている話はよく聞くんだけど、種が重要という話は聞いたことがない!

配合飼料を見ても酵母菌は入ってるけど、雑穀類は入ってない。

雑穀は高いからコスト的に無理なのかも。

 

家庭養鶏は飼育数が少ないので少々コストが上がっても大丈夫♪♪♪

早速我が家の鶏ちゃんにもシードをあげることに♪

でも何がいいのかわかんない(^_^;)笑

とりあえず、安定的に手に入って人が食べても大丈夫なシードといえば?

キヌア〜!!

コストコで低コスト手に入る(*≧艸≦)

生後3ヶ月と2週間の鶏の食費は1羽 75g で18.5円です♪

あーだこーだ鶏の飼料の事を考えてはコストの計算をして、20円で美味しい卵が手に入ると思うとウキウキする自分に変人やわ〜と思います(^_^;)笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


ベランダ菜園 ブログランキングへ

Kitchen Gardenカテゴリの最新記事