小松菜・べんり菜が白さび病に!

小松菜・べんり菜が白さび病に!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


ベランダ菜園 ブログランキングへ

畑のパトロール♪

ん!?ん、ん〜!?

小松菜とべんり菜の葉がおかしい!?

葉裏を見ると白い斑点がある!

調べてみると「白さび病」って言うみたい。

 

白さび病は春と秋の雨の多い時期に、ダイコン・カブ・コマツナ・ミズナなどのアブラナ科に良く発生する「カビ」による病気です。

症状ですが、初期段階は葉の表面や裏側に黄色の斑点が現れますが症状が進行すると乳白色のぷっくりした斑点に変わり周りに次々と拡がっていきます。

発生しやすい時期は、4月~6月と9月~11月。

春の梅雨や秋の秋雨の時期に、低温で多湿の状態が長く続くと白さび病は多発します。

なんだって!(ー□ー;)

 

白さび病の処置として

薬で治す方法もあるけど、まずは薬を使わない方法で対処します!

*被害が大きくならないように病気にかかっている葉は摘芯。

*摘芯した葉は他の野菜に飛び火しないように家に持ち帰る処分。

*過繁茂によって日光不足と風通しをよくする。

白さび病は人には害はないみたい。

カビの部分を取り除いて火を通せば食べられるんだって♪

とりあえずはこれ以上被害が拡大しないように小まめにチェックして見つけたら摘芯のイタチごっこやね(ーー;)

これでも被害が治らないなら薬か完全除去を考えなきゃあかんね。。。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


ベランダ菜園 ブログランキングへ

Kitchen Gardenカテゴリの最新記事